2021年8月12日木曜日

「白河ラーメン」手打ちラーメン ふくべ:那須塩原市~道の駅 明治の森・黒磯

「白河ラーメン共和国」のリスト、90軒目。東北自動車道「那須塩原IC」より、現地へ向かう。開店まで時間があるので、道の駅 明治の森・黒磯に立ち寄った。
雰囲気は洋風だ。
パン屋さんの様だ。
こちらは直売所。盛況だ。
到着する。駐車場は舗装されていないが、4〜5台は駐車出来そうだ。
木の葉に隠れて看板の店名が読みにくい。
座敷とカウンターで構成されている。テーブルにはコロナ壁も設置されている。
自分はカウンターに陣取った。
メニューは店頭のみ、「ラーメン」を注文。
ネギの追加は、無料だった。
「ラーメン」500円


 手打ちラーメン ふくべ
〒329-3141 栃木県那須塩原市山中新田73



2021年8月9日月曜日

天中華「大盛庵」~いつも衣率を考える。

 東北自動車道「仙台南IC」より下車して現地へ到着。
蕎麦屋さんのラーメン。「天中華」と呼ばれているようだ。
開店と同時に入店する、地元の人もボチボチ入店してくる。慣れてる客は注文しなくても自動的に商品がていきょうされる。自分は一位だったのだが、商品は慣れている客の後に届いた。
きっと、開店前から準備されているのだろう。
基本的なお蕎麦屋さんのメニューを抑えながら、
紙のメニューには「中華類」があり、「天中華」は、ここに記載されている。
この感じだと「冷やし中華」は通年で食べられるようだ。これは、良いことだと思う。
「天中華セット」と「天ざる 特上」を頼んだ。どちらも海老は、デカそうに見える。
本当に、デカそう見える。
しかしながら、衣率は以前に訪問済みの、塩釜市の浜っ子と変わらないと思った。

「天中華 上」1150円

大盛庵
〒982-0011 宮城県仙台市太白区長町8丁目11−15

2021年8月3日火曜日

白河ラーメン「黄金の中華そば 森商店」:那須塩原市

「白河ラーメン共和国」のリスト、89軒目。東北自動車道「那須塩原IC」より、現地へ向かう。看板が新しい、駐車場が満杯だったので、近くの公園の駐車場へ移動して徒歩で到着。
こじゃれた待合。
この広いテラスが全て、「待合」の様だ。季節がら、「日よけ」があるのは、ありがたい。
テーブルとカウンターで構成される。
客は、距離を確保してはいちされる。
カウンターに案内される。
目の前に厨房があり、制作の様子が伺える。匂いも感じることが出来るので提供される「ラーメン」への期待が高まる。
売りの「黄金の中華そば」を頼む。
雰囲気、接客、ラーメンなど、全て綺麗にまとまっていると思った。
「黄金の中華そば」880円



黄金の中華そば 森商店

 〒329-3144 栃木県那須塩原市沼野田和481−3

2021年8月2日月曜日

白河ラーメン「昭和軒手打中華」:白河市

「白河ラーメン共和国」のリスト、88軒目。東北自動車道「白河IC」より、現地へ向かう。この店は以前に探索したのだが、カーナビの精度の問題なのか到達できなかった店だ。街道沿いに店を発見。以前、来た時は、すぐ近くに来ていたようだ。
白河管内のお店の探索が、最終局面が近づいているので、先入観を持たずに暖簾をくぐる。
最近、「佐野ラーメン」、「喜多方ラーメン」、「白河ラーメン」の立地エリアを探索していて感じるのだが、喜多方市以外のエリアは店舗の改修が進んでいると思う。ここも直したばかりの様だ。
座敷とテーブル、カウンターで構成される。
手打中華(醬油)を頼む。
チャーシューが良心的だ。
「手打中華(醬油)」700円

昭和軒手打中華
  〒963-6103 福島県東白川郡棚倉町逆川向原2−18

2021年8月1日日曜日

白河ラーメン:「高林産直食堂」那須塩原市~ソフトなチャーシューに感激する。

「白河ラーメン共和国」のリスト、87軒目。リニューアルオープンの情報を得て、東北自動車道「那須塩原IC」より、現地へ向かう。少し早めについたので「道の駅 湯の香しおばら アグリパル塩原」へ立ち寄った。暑いのに盛況だったが、距離間は保たれている。
「道の駅」より15分位、移動して、「高林産直食堂」に到着。
白河管内の店を、ほぼ制圧しているため、最近はエリア外の「白河ラーメン」も探索する事にしている。
木目が基調の店内は、座敷とテーブルで構成される。
「食堂」なのに「ラーメン」しか無い。おススメの「塩チャーシューメン」を頼む。
お酢をみつけた。「餃子」を見落とした様だ。
「チャーシュー」は舌で崩れる位で柔らかい。ちょっとした驚きだ。
「塩チャーシューメン」880円


高林産直食堂
〒325-0116 栃木県那須塩原市木綿畑425